RECRUIT

採用情報

YOSHIAKI
NAWA
SYSTEM DEV

新卒、エンジニア未経験からのスタートでも 学ぶ意欲さえあれば日々成長できる

新卒で入社したユニワークスで初めて エンジニアとしての勉強をスタートした縄。 彼がインフラエンジニアとして活躍するまで どのように日々を過ごしてきたかを語ります。

2014年入社

縄 義昭

システム部

縁の下の力持ち、それがインフラエンジニア

ユニワークスのSES(システムエンジニアリングサービス)事業で、インフラエンジニアとしてお客様オフィスに常駐して仕事をしています。具体的には、お客様が使うシステムや提供するサービスが安定稼働するよう、サーバーの監視、分析、チューニングなどを行います。いい仕事をすればするほど存在感がなくなっていくという、縁の下の力持ち的なポジションです(笑)。

新卒3年目で、今の常駐先は3社目になります。新しいプロジェクトへ移るたび、新しいスキルを身につけられるのがこの仕事のいいところです。初めてのことも毎日続けると確実に身につきますし、マスターしたことも新しい現場では応用が求められるので知識が深まります。現場が変わるたびに新しい人との出会いがあり、たくさんのお客様に感謝されることもこの仕事ならではのやりがいですね。

エンジニアに必要な知識は、入社してから身につけた

私は文系出身なので、エンジニアとしての勉強は入社後3ヶ月間の研修で初めて学びました。基礎から体系的にみっちり学んだものの、初めて常駐先に行く時はやっぱり不安でしたね。でも、経験ある先輩と一緒のチームだったので、不安よりもようやく仕事ができる!という嬉しさのほうが強かったです。

常駐先では、別会社から来ている技術者とチームを組むことがほとんどです。ひとたび同じチームになれば、別会社の先輩が自分を本当の後輩のように指導してくれるので驚きました。どの現場に行っても自社他社の区別があまりなく、お互いに技術を高め合おうという意識、お客様によいサービスを提供しようという意識が徹底しているので、あらためてすごい業界だと感じます。

ロジカルな考え方、話し方が身につき、成長を実感

自分の成長を感じたのは、論理的な考え方、話し方ができるようになったこと。事実を積み上げて、つまり、それゆえに、だから、という考え方が自然にできるようになりました。データに基づいてサーバーの最適な設定を探す作業はまさにそのくり返しだし、その理由をお客様や上司へ説明するのも論理的な話し方のトレーニングです。そういうことを仕事の中でくり返すことで、自然と身につけることができました。

3年前の自分──エンジニアとしての知識はまるでなく、考え方、話し方もロジカルではなかった自分が今の自分を見たら「こんなことができるようになるんだ!」ときっと驚くと思います。でも、現場で知り合う人の中にはさらに高いレベルの技術者がたくさんいるので、もっともっと成長したいと日々感じています。

ひとりひとりの顔が見える会社で働きたい

ユニワークスに入社を決めたのは、小椋さん(ユニワークス代表)の印象が大きかったです。思い描いていた「社長」というイメージではなく、大学の先輩のようなきさくさがあり、会社の成長にも勢いを感じました。こういう人がトップなら、自分も伸び伸びと仕事ができるんじゃないかと。

会社選びのポイントは、大手企業ではなく「中小企業」でした。会社のメンバー全員を把握できる規模なら一体感があるし、自分が会社に貢献している実感も得やすいだろうと考えました。業種や職種よりも、「やりがい」「責任のある仕事」を重視して就活しました。実際、ユニワークスではひとりひとりの顔と名前がわかるし、お互いがどんな仕事、どんな貢献をしているかもわかります。自分が会社を創っているんだという実感が得やすい環境だと思います。

エンジニアは技術があって当たり前、プラスアルファの力を身につけたい

エンジニアは技術的なことはできて当たり前、そこにプラスアルファの能力があることで人材としての価値が高まると考えています。自分は人とのコミュニケーションが得意なので、自分がいるとチームメンバーがより力を発揮できる、潤滑油のような存在になりたいと考えています。

今は常駐先での仕事ですが、ゆくゆくはユニワークスのための開発や、ビジネスを創るということもやってみたいです。その時のために、今はいろんな環境でノウハウやナレッジを貯め、力を蓄える期間だと考えています。ユニワークスにとって欠かすことができない人材になれるよう、今後も努力していきたいと思います。

休日の過ごし方

中学時代から吹奏楽を初め、大学までブラスバンドをやっていました。今は一般のバンドに参加して、休日に活動しています。大学では正直、ブラスバンドばかりで勉強はあまりしませんでしたね(笑)。