RECRUIT

採用情報

TAKUYA
ISHIDA
SYSTEM DIV

未経験でも、スキルに不安があっても 働きながら自信を積み上げていけばいい

まったくの未経験から実務を積み重ね、 システムエンジニアとしての自信を深めてきた石田。 大手企業向けプロジェクトでの働きがいや、 IT業界で働くために必要な心構えを聞きました。

2014年入社

石田 拓也

システム部

システムエンジニアとして、大手企業向けのプロジェクトに参加

ユニワークスのSES(システムエンジニアリングサービス)事業で、システムエンジニアとしてお客様オフィスに常駐しています。社名を聞けば誰でも知っているような大手企業様向けのプロジェクトで、常駐を始めて3年目になります。

システムエンジニアの仕事は、まずお客様のシステムへの要望を明確にして仕様書と呼ばれるドキュメントを作成することから始まります。それからシステムをどんな設計にするか、どんな機能を持つかを決定し、設計書と呼ばれるドキュメントをもとにプログラマへ開発指示を出します。私はメインとなるシステムエンジニアのアシスタントとして、ドキュメントの作成・修正・更新や、プログラムのテスト作業などを行いながら、システムエンジニアとしてのスキルを学んでいます。

ユニワークスでのインターンで、働く楽しさを知る

ユニワークスは大学時代のインターンで知りました。もともと就職先としてIT業界に興味があり、ゼミの教授が小椋さん(ユニワークス代表)と知り合いだったことからインターンとして働かせてもらうことになったんです。

インターンではEC事業部に入り、あるECショップの携帯向けサイトを作るという仕事を担当しました。ゼロからものをつくりあげる楽しさを知り、先輩社員と一緒になって働く体験ができとても有意義でした。一番印象に残ったのは、先輩のみなさんが仕事に取り組む時の雰囲気。和気あいあいとした楽しいオフィスでしたが、ミーティングや制作に取り組む時にはピリっと真剣な姿勢に変わります。こんな会社で働いてみたいと惹かれるものがありました。

その後、就職活動ではシステムエンジニアを目指し、ユニワークスでも採用枠があると知り応募しました。ユニワークス社内ではなくお客様オフィスへの常駐という形でしたが、ユニワークスのみなさんとまた一緒に仕事がしたいと思ったことが志望の理由です。

入社後、周囲の評価がガラリと変わり、成長を実感

現在の職場では、別会社から来ている技術者と10人ほどの開発チームを組み、ユニワークスからは上司、同僚、私の3人が常駐しています。新人の場合、事前研修を受けることがありますが、私の場合は職場で先輩から指示を受け、実際に仕事をしながら学ぶ形でトレーニングを受けました。最初のうちは指示をこなすだけで精一杯でしたが、1か月もすると環境に慣れ、それからは指示に対して自分なりの考えやひと工夫を加えてアウトプットを返すことを心がけてきました。

自分自身では実感がないのですが、働きはじめてから自分に対する周囲の評価がガラリと変わって、成長しているんだと感じることがあります。社長には「最初はどこかビクビクしていたけど、今は堂々としている、自信がついたんじゃないか?」といわれました。直属の上司には「もう1人でも十分にやっていけるだろ」といわれます。多少のおだてや冗談が混じっていると思います(笑)が、ようやく一人前として認めてもらいつつあるのかなと思います。

SESという働き方でしか得られない成長機会がある

上司から学ぶものは大きいです。特に「システム」というものへの考え方、姿勢は勉強になります。プロジェクトは時としてお客様の事情、自社の事情など、いろいろなことが影響して間違った方向を向いてしまいがちです。そんな時でも、私の上司は「システムはどうあるべきか?」という軸をしっかりと持ち、その上で関係者と調整を進めていきます。その姿勢に一切ブレがないところは本当にすごいと思います。2年近く一緒に仕事をさせていただく中で、その考え方、姿勢には大きく影響を受けました。

お客様オフィスに常駐するという仕事の仕方にイメージがわかない人もいるかもしれませんが、個人的には一般的なオフィスでの働き方と大きく違わないのかなと思います。むしろ、自社他社を問わずさまざまなタイプのリーダーや先輩のマネジメントが勉強できますし、エンジニアは会社の垣根を越えて積極的に教育や情報交換をしあっています。違うオフィスで働く同僚とも定期的なミーティングや飲み会で顔をあわせ刺激を与えあえるので、SESでしか得られない成長機会も多いのではないかと思います。

「入社時点での能力は問わない」、それがユニワークスのポリシー

IT業界で自分がやっていけるのかを不安に思う方も多いと思います。でも、現時点でエンジニアとしての経験やスキルがなかったとしても、どんな分野であれ何か一つをやりきった経験のある人ならばIT業界で十分にやっていけると思います。何か一つをやりきった人は、その過程で起きた困難や課題を何かしらの方法で乗り越えたことがあるはずで、その時の経験が仕事にも生かされると思うからです。

自分自身も入社前にはエンジニアとしての知識、経験はゼロでしたが、働きながら試行錯誤を続け、システムエンジニアとしての自信が持てるようになりました。「入社時点での能力は問わない」というのがユニワークスという会社のポリシーです。不安があっても興味があれば、ぜひユニワークスの扉を叩いてみてほしいと思います。