RECRUIT

採用情報

KAZUHISA
SUGIYAMA
FOUNDER

経験の有無や、現時点での能力は問わない 意欲ある人と新しいユニワークスを作りたい

オフィスも資金も事業計画もない、 あるのはアイデアと意欲だけだった。 若さゆえの思い切った起業から現在に至るまで、 創業メンバーの一人である杉山が語ります。

取締役

杉山 和久

創業者

正しく課題を設定する力=「課題設定力」が重要な仕事

ユニワークス創業メンバーの一人です。私の仕事をひとことで言うのは難しいのですが、システムコンサルタント、ITアーキテクト、といった業務を担当しています。

「売上が落ちている」「コストがかかりすぎ」「業務にムダが多い」など、お客様が抱えるさまざまな課題を整理し、優先順位をつけ、会社としてのあるべき姿をコンサルティングします。そして、その課題を解決するシステムの設計を考え、SEやプログラマに指示を出します。同じ結果を返すシステムでも、設計によって処理速度や、開発工数に差がでますし、設計が甘ければシステムが思った通りに動かないこともありますので、責任の重い重要な仕事です。

そもそもの課題設定を間違えると、どんなにいいシステムができても意味がありません。「何から手をつけていいのかわからない」という状態のお客様がほとんどなので、適切なヒアリングによって解決すべき課題を正しく設定する力=「課題設定力」が何より求められます。難しいですが、とてもやりがいのある仕事です。

事業計画もないまま、アイデアひとつで起業を決意

もともとは教師志望でしたが、大学でコンピュータの面白さに目覚めIT業界を目指しました。そして、新卒で入社したシステム開発会社でユニワークスを一緒に起業する仲間と出会うことになります。

創業メンバーはみんな同期だったので仕事の合間にいろんな話をするんですよね。それである時「結婚式で撮影した写真やビデオが、翌日にはWebで見られるサービスがあったら面白いよね?」というアイデアが出たんです。今となっては当たり前のサービスですが、当時はそのようなビジネスがなく「面白そう!」「いけるんじゃないか?」と盛り上がって(笑)。それからしばらくしてみんな会社を辞め、起業することになりました。

ちゃんとした事業計画も営業計画もないままの起業だったので、もし当時に戻れるなら、あのタイミングでの起業はしなかったと思いますね。若いからこそできる、思い切った決断でした。

必死でつかんだ、思わぬ形での初受注

起業当初はオフィスもないので、みんなで喫茶店に集まりそこで企画をまとめ、手分けして結婚式場に営業をかけていきました。でも、なかなか思うようにはいかず、まったく仕事が取れない日々が続きました。

生きていくためにも仕事が必要なので、めげずに営業を続けていると、ひょんなことから結婚式場に出入りする撮影会社さんと仲良くなり、その会社のシステムを開発させてもらうことになりました。最初は小さな開発でしたが、仕事が評価されると少しずつ範囲が広がり、やがて当時の僕らとしては大きい、数百万円規模のシステム開発を任されるようになりました。

起業からの2年間は、とにかく生き延びるために働いた

当初企画していたサービスも形にしたかったのですが、まずは目の前の仕事をやり切ろう!と、みんなでその開発に専念しました。完成には数年かかる予定でしたが、メンバーが必死になったおかげで1年ほどでシステムが完成し、お客様にも喜んでいただけました。これがユニワークスにとって初めての大きな仕事になり、業務システム開発という今の事業につながっていきます。

会社が軌道に乗るまでは公私関係なく仕事に集中していました。こんな会社にしたい、こんなビジネスをしたい、という理想を追いかけることも大事ですが、会社を存続させるための安定した仕事がなければそれもままなりません。会社経営をする上での基本的な考えは、この時期に形づくられたように思います。

人材育成が今後のテーマ

それ以来、お客様に恵まれ、社員にも恵まれ、なんとかここまでユニワークスを成長させることができました。会社をさらに発展させるため取り組むべき課題はいろいろありますが、個人的には今後、人材育成にもっと力をいれていきたいと考えています。

創業以来、小椋(ユニワークス代表)と私がフロントに立ち、営業からコンサルティングをこなしてきました。より多くのお客様にソリューションを提供するためには、同じ役割ができる人材をもっと増やさなければなりません。そのためにも、ノウハウを積極的に社内に共有し、私たちと同じ視点、同じクオリティで仕事ができるプレイヤーを育てていきたいと思っています。

幅広く学ぶ意欲があれば、現時点での能力なんて関係ない

私の仕事に関して言えば、現時点での技術力や実務経験より「視野の広さ」が必要になります。そういった意味で、ある分野にしか興味が持てない人、ある分野しかやりたくないという人より、さまざま分野に興味が持てる人、幅広く学んでいきたいという人の方が、将来的には伸びるのではないかと思います。

すごく優秀だけど数学と化学にしか興味がない人より、一般的な成績でも、歴史、文学、哲学、社会、ビジネスなど、興味の幅が広い人の方がいいのかもしれません。私自身は、哲学書や文芸作品から仕事へのフィードバックを得ることが多いです。ビジネス書も読みますが、そこで語られる考え方や方法論に固執しないよう、批判的に読むことを心がけています。自分の考えや視点が固定されてしまうと、お客様の課題もひとつの視座からでしか捉えられなくなるからです。

入社してから伸びる社員、化ける社員をこれまでたくさん見てきたので、現時点での能力なんてまったく気にしなくていいと思います。意欲のある人、たくさんのことを学んでいきたいという人に、一人でも多くお会いできたらいいなと思います。

私たちと一緒に、新しいユニワークスを作っていきましょう。