RECRUIT

採用情報

HIROSHI
YAMAMOTO
SYSTEM Div

ユニワークスだからこそ得られる 経験、スキル、成長がある

創業間もないユニワークスに飛び込み、 SES事業の基盤を作り上げた山本。 事業責任者としてつかんだ仕事のやりがい、 ユニワークスだからこそ得られる成長を語ります。

2005年入社

山本 広視

システム部

自ら現場にも出向くプレイングマネージャー

ユニワークスのSES(システムエンジニアリングサービス)の責任者をしています。SESとは、お客様のオフィスにユニワークスの技術者を常駐させて、システム開発を支援するサービスのこと。システムエンジニア(=お客様の要望をもとにシステムの仕様、設計を決定し、プログラマへ制作指示を出す職種)やプログラマといった人材を育て、必要な時に必要な人材をスムーズに提供することで、お客様のプロジェクトが成功することを支援します。

私自身もシステムエンジニアとしてお客様オフィスに常駐をします。同じプロジェクトに参加するメンバーに指示を出し、別の現場で稼働するメンバーとは定期的にコミュニケーションを取りながら、サービスを円滑に提供できるようマネジメントを行っています。

自社開発プロジェクトでは得られない成長がある

SESではプロジェクトによって、オフィスも、チームも、目指すゴールも、担当業務も変わります。プロジェクトメンバーの中には自社社員もいれば、別会社から来ている技術者もいます。さまざまな人と協働しながら、自分自身のスキルを磨いていけるのはSESならではの良さだと思います。

自分がプロジェクトリーダーを務める時は、自社も他社も関係なくメンバーにはみな同じ態度で接することを心がけています。「山本さんの下で働くことができてよかった」と別会社の技術者から感謝されることもあれば、逆に自分がいい影響や刺激を受けることもあります。そういう機会は自社だけで開発を行うプロジェクトではなかなか得られないものだと思います。

普通の会社では得られない経験を求めて、創業間もないユニワークスへ

ユニワークス創業メンバーとは大学の同級生でした。卒業後接点はなかったのですが、たまたま連絡を取る機会があり、「起業したので手伝ってほしい」と誘われたのが入社のきっかけです。当時の私は未経験からIT業界に入り、システムエンジニアとして経験を重ねて3年目というタイミングでした。新卒入社から3年間は転職しないと決めていたので、そろそろ環境を変えたい、新しいことを始めたいと考えはじめたタイミングだったんです。

その頃のユニワークスはやっとオフィスができたぐらいで、社員も3、4名。正直いって他には何もありませんでした(笑)。でも、その何にもないところが逆に魅力でしたね。会社をどう経営し、どう大きくしていくか。すべてを自分たちで考え決断していくことで、普通の会社員では得られない経験ができると思い、新しい環境に飛び込む決意をしました。

当たり前のことが当たり前にできる人は確実に伸びる

一番の財産は人を育てる経験ができたことです。自分が面接して採用した学生が、私のマネジメントする現場で働きながら、教育によって日々成長していくわけです。やがてかつての自分と同じ立場の後輩に指導している姿を見るとやっぱり嬉しいですよね。会社が提供するサービスの本質は結局「人」なので、その人を育てることに力を入れています。

人を育てる上で心がけているのは、”当たり前のことを、当たり前にできるようにする”ことです。あいさつをする、困ったら相談する、ミスをきちんと報告するなど、本当に基本的なことばかりです。これができるとメンバーから信頼され、技術に不足があっても仕事を任せてもらえるので、結果として成長が早くなります。基礎がしっかりしている方は、確実に伸びると断言できますね。

同じ価値観を共有できる人と、ユニワークスを大きくしたい

自分は未経験でIT業界に飛び込み、実務を通して技術と経験を積み、「人を育てる」というやりがいを見つけました。IT業界に興味はあるけれど、自分の能力や技術に不安がある、そんな方も多いと思います。そういう方ともぜひ一度お話したいと考えています。IT業界での仕事や、ユニワークスという会社について、ありのままをお伝えしたいと思います。

これから社会人になる方には、ぜひ自分の決めたことを最後までやり遂げる経験をしてほしいと思います。今の若い方を見ていると、イヤなことがあるとすぐに道を変えたり、何かのせいにしたりすることが多いように思えます。辛いことを乗り越え、自分との約束を守ることで、違う世界が見え仕事が楽しくなってきます。

私はずっとそんな思いで仕事に取り組んできました。同じ価値観を共有できる人と、ユニワークスをもっともっと大きくしていきたいと思います。

休日の過ごし方

富士山頂で迎えたご来光の瞬間です。登山が趣味というわけではないんですが、富士山だけは毎年必ず登っています。ユニワークスの仲間とも行きますし、SESの現場で知り合った他社の人と行くこともありますよ。興味のある方はぜひ私に声をかけてください!