RECRUIT

採用情報

DAIKI
HAYASHIDA
SYSTEM DIV

既卒からの就職活動でプログラマに 熱意と向上心で未経験の壁を乗り越える

既卒&プログラミング未経験の状態から エンジニアとしてのキャリアをスタートした林田。 彼がユニワークスに居場所を得て、 開発スキルを修得するまでのストーリーに迫ります。

2015年入社

林田 大希

システム部

ECサイト向けパッケージシステムの開発を担当

ユニワークスのSES(システムエンジニアリングサービス)事業で、プログラマとしてお客様オフィスに常駐して開発を行っています。ECサイト向けのパッケージシステムの開発業務で、お客様の要望に応じたカスタマイズを行いECサイトに実装しています。

私は入社2年目で、今の現場は初めての常駐先です。開発業務がメインですが、システムを利用するユーザー様のオフィスを訪問して要望をヒアリングするような機会もあります。要件定義から設計、開発、テスト、保守までひと通り経験させてもらいながら、日々新しいことを学ぶ毎日です。

20代後半で、まったくの未経験からプログラマへ

ユニワークスとは既卒向けの就職エージェント経由で出会いました。

専門的なスキルが身につく仕事を希望していましたが、大学は私立の法学部で、プログラミングは一度も経験がなく、エンジニアという職種を考えたこともなかったです。それでも話だけは聞いてみようと思いエントリーしました。面接では小椋さん(ユニワークス代表)から、第2創業期を迎えさらに拡大していきたいという話を聞き、野心や情熱を感じました。成長段階にある企業に入り、いろいろな経験ができることにも魅力を感じました。

自分はその時すでに20代後半だったので、必死に勉強をして遅れをとらないようにします!と面接後には手紙を書いて、ユニワークスの一員になりたい気持ちをアピールしました。どうやらその熱意を買ってもらえたようで、プログラミングはまったくの未経験でしたがエンジニアとして採用されることになりました。

基本的さえしっかりしていれば、プログラミング未経験でも十分にやっていける

入社するとすぐに今の現場に配属されました。開発チームは10名ほどで、ユニワークスからは先輩エンジニアを含め3名で常駐しています。プログラムのテスト作業など実務未経験でもできる仕事を担当しながら研修を受け、開発に必要なスキルを身に付けました。

初めてのプログラミングはシステムにちょっとした機能を1つ加えるという簡単なものでしたが、バグだらけでまったく思うように動きませんでした。先輩にたくさん相談をして、いろんな人に迷惑をかけながらようやく機能が完成したときはほっとしました。

未経験なら誰でも最初は苦労すると思いますが、まずは自力で頑張ってみる、困ったら相談する、ミスがあれば報告する、という基本的な姿勢さえしっかりしていれば十分にやっていけると思います。試行錯誤して開発したプログラムが思い通りに動く瞬間は、それまでの苦労がすべて報われる嬉しい瞬間ですね。

いつまでも初心を忘れず、スキルを高める努力を怠らない

もちろん個人でスキルを高めようとする努力も必要です。私は採用が決まってすぐに勉強を始めて、入社1年目の4月に基本情報技術者試験、10月に応用情報技術者試験を取りました。今は実務にもっと直結するJavaScriptとCSSを時間を見つけては研究しています。

仕事を始めたばかりの頃は自分のことだけで精一杯でしたが、今後は周囲の人や後輩のサポートも積極的にやっていこうと思っています。まだまだエンジニアとして未熟ですが、いつまでも初心を忘れることなく、スキルの向上に取り組んでいきたいと思います。

休日の過ごし方

趣味はジャグリングです。昔から好きでしたが大学時代に興味が再燃し、今でも勉強の合間の気分転換に練習します。ヨーヨーなら両手使い、中国ゴマなら2つ同時回しぐらいのことはできます。