RECRUIT

採用情報

求める人物像/キャリアプラン

Up-and-comingrecruits & Career plans

求める人物像

UNIWORXは、入社時点での経験、能力は一切問いません。

なぜなら、数多くのメンバーが実務未経験、業界未経験からスタートし、入社後に得られた機会と経験によりビジネスパーソンとして大きく成長し活躍しているからです。

しかし、入社後に成長し活躍できるかどうかは本人の意欲と、人としての基本的な態度や考え方に大きく左右されます。そこでUNIWORXという環境で成長し、活躍していただくために必要な態度、考え方を以下5つのポイントにまとめました。現時点ですべてを満たしている必要はありませんが、仕事を通してこれらの態度、考え方を身につけていきたいという方はぜひエントリーいただきたいと思います。

ハキハキとした挨拶

いつ、誰に対してもハキハキと気持ちのよい挨拶ができるということは、その人がどんな人に対してもオープンで素直なコミュニケーションが取れることを示しています。そして、そのような人のもとには「あの人を応援したい」「助けになりたい」と周囲からさまざまな支援や情報が自然と集まります。素晴らしい挨拶はそれだけで、ビジネスに必要な機会と人を呼び寄せる武器となるのです。

主体的な行動、発言

UNIWORXでは、新人もベテランもそれぞれの持ち場におけるプロとして行動することが求められます。プロである以上、自分の持ち場における現状課題、改善策と未来予想図を語れなければなりませんし、その理想に近づくためのアクションを率先して取らなければなりません。自分に力が足りないと思えば周囲にアイデアを積極的に発言をしましょう。大胆な提案、突拍子もないプランでもかまいません。その発言があなたの仕事を、仲間の仕事をより良くしていくのです。

やりきる力

ビジネスでは時に困難な状況が訪れます。そのような時、解決に向けて最大限の努力を重ねられるかどうかがその人の成長に大きく影響します。困難から逃げずに乗り越えようと努力することで状況は必ず好転します。そして、そのような機会から人は大きな自信を得て、次に訪れるどんな困難も必ず乗り越えることができるのです。逃げずに、あきらめずに、最後までやり切ることが大切です。

成果へのこだわり

ビジネスは成果がすべてです。アタマの中で壮大で緻密なプランを練るよりも、どんなに小さくても目に見える、数として数えられる、具体的な成果を出すほうが何十倍、何百倍も貴いのです。自分の職種、持ち場における「成果」とは何か?その「成果」に直結する行動は何か?その行動をもっと素早く正確に行うにはどうずれば良いか?このことを意識するだけで人は必ず成長します。

変化に対する柔軟性

「これしかやらない」「これしかできない」という硬直的な態度は成長を妨げます。UNIWORXのように変化に対してオープンで、機会に対して貪欲な組織では、その態度が組織全体の成長も妨げてしまいます。強い信念を持つことも大事ですが、自分とは違うスタンス、考え方の良さを第三者的視点から洞察し、変化や機会から多くのことを学べる柔軟性を持つ人がより大きな成長を手にすることができます。

キャリアプラン

UNIWORXでは、入社される方の希望や適正に応じて、大きく2つのキャリアプランを用意しています。キャリアプランは入社時に固定されるわけではなく、入社後の業務実績や能力、経験によって2つのプランをまたぐキャリアを積んでいただくことも可能です。

webマーケティング
システムインテグレーション